沼底その2

ちまちまねんどろいどを愛でるブログ

オビツろいど化してみました

f:id:yraurb:20161003102359j:plain
タイトル通り。
久々作る系ネタです。

なお、今回ちょっとグロい目(?)画像、というか人形解体系画像がありますので、ご了承の上この先ご覧ください。

動機

おだてCoC三次創作写真撮るぞ的動機で、ねんどろをお着替えできる素体にすげ替えを企んだのですが。

ええと我が家にはすでにキューポ鶴丸がいるわけですが。
これだと薬研の短刀みが再現できない。
ので、

薬研→キューポッシュ
鶴丸→オビツ11

にすげ替えすることにしました。

資材調達

ということでひとまずオビツ11を入手。
f:id:yraurb:20161003004406j:plain
Amazonで注文したら、茶封筒に入って到着しました。
素体を茶封筒で送られたのははじめてですよびっくりした…。

実行

ところでご覧の通りオビツ11というのは首がちょっと長めの素体です。
f:id:yraurb:20161003004607j:plain

なのでそのまま載せると真横から見た時に首の長さが気になる感じになります。

ってことで、
接続部を100均樹脂粘土で無理やり錬成しました。

その錬成結果はこちら。
f:id:yraurb:20161003004816j:plain
台座そのもの。
この凹んだ部分で後頭部を挟み込んで固定します。
f:id:yraurb:20161003004827j:plain
後頭部パーツにはめるとこんな感じ。
前の方にわりと出っ張ってますが、顔パーツを支えるためじゃありません。微妙な強度を補うため。ほんとはもう少し削りたいです。

かなり適当な造形ですが、こんなんでも
f:id:yraurb:20161003005110j:plain
ご覧の通り。
f:id:yraurb:20161003005224j:plain
下から見上げる角度もそんなに不自然には見えないんじゃないかと。

実は顎を引く動作がちょっと苦手なので、そこはパーツの造形(とはおこがましくて言えないレベルですが)を調整して対応するつもりです。

それにしても100均樹脂粘土、侮れませんね。

おまけ。

f:id:yraurb:20161003005404j:plain
小鳥ブリーダー鶴丸。