沼底その2

ちまちまねんどろいどを愛でるブログ

刀ミュ阿津賀志山異聞見ました。

dアニメで。
もうすぐ配信終了するそうなので慌てて見ました。
とりあえず一言。
歌って踊るのすごい。

以下今更ですがネタバレ感想になります。

物語としては

ゲームの義経主従回想をベースに、「本来平泉で泰衡に殺されたはずの義経が生きていて、泰衡を配下に頼朝を殺そうとする」という展開をします。
義経と泰衡どちらも表舞台から退場させたい頼朝の思惑を“歴史修正主義者”?が義経達にリークしてしまうんですね。
これにより義経と泰衡の同盟が成立。この歴史のifはいいですねえ。

ただ、手を貸した側にも当然思惑がありまして。どうも義経達は時間遡行軍的な力を持った刀を使うように言われたっぽいんですよね。
これがくせもので、使ってると時間遡行軍化してしまうのかな? みたいな奴。
というか、これはあくまで私の妄想でしかないんですけど、義経達って一度死んで刀の力で生き返ったとかそういうやつなんじゃないかな…。

シーン的に良いなあと思ったのは、弁慶と岩融が戦うシーン。
何合か打ち合った後、弁慶が、
「強いな」
と言うんですが、これに対して岩融がフードを脱ぎながら
「前の主が強くてなぁ」
と答えるんですよ。
熱いですねえ。

刀剣男士がかつての主と出会って協力するとかためらうとかそういうのは今までにもいくつか見ましたけど、正面切って戦闘するのは結構珍しい気がします。

舞台のバージョン違い?について

せっかくなのでこちらについても軽く言及。

トライアル公演

十分本番品質、という気がします。どの辺がトライアルなんだろうと思いながら見ました。

大千秋楽

全体にトライアルよりゴージャスになってた気がします。セットとかトライアルはもっとシンプルだった気がする。
あとライブでの着替え衣装がすごくなってたりとか。劇中歌が増えてたりとか。
あ、そうそう、後半のライブで人間側の太鼓演奏があって、これがかっこよかったです。

あと観客のこなれ具合がすごかったです。
特にライブ。合いの手入れるタイミングとか声掛けとかすごいノリ良いんですよ。観客席良く見てみたらそれこそコンサート会場みたいに手作りうちわ持ってる人たくさんいるし。まあそもそもサイリウムすごいし。

ミュージカルにすると

ミュージカルってストレートプレイより声を原作に寄せないんだなっていうのが個人的に大発見でした。
ステ側俳優さん達がかなり原作の声優さんに似せようとしてるのと対照的ですよね。これやっぱり歌うからかなあ。

個人的に

藤原泰衡役の役者さんが実に味があって良かったです。
敵役の中ではどちらかというと三下めいた立ち位置の役なんですが、この方が登場するたびにテンションがあがりました。

あと弁慶と岩融の役者さんも良かったです。どちらもほんとイメージのままの弁慶であり、岩融だったなと。

そしてこの次が

新撰組が加わったり厳島神社で奉納された舞台なんですよね。
実は厳島神社バージョンはDVD出ないかなーとまってるんですが、出ないですかね…?